Si R&D

株式会社エスアイの製品情報、技術情報などをご案内いたします。

静音ラックの新製品

放送局、レコーディングスタジオ向けに新たな静音ラックのバリエーションを増やします。

筐体への振動影響を最小限に抑えるファンユニットのフローティングを採用してさらに静音性を向上。超静音仕様が「超々」になって、より高度な静音領域でお応えします。


フローティングマウントでは、回転により振動するファンを固定せず筐体から浮かして装着することで、振動増幅を低くする技術です。

dBseries静音ラックでは7年以上前から録音用としてすでに採用実績がありますので新たな開発・アイデアではなく、実は需要に応じた復活技術となります。

フローティングではボルト・ビスでの固定が出来ませんので、ゴムなどのワッシャー、スペーサー処理だけでは意味がありません。さらにファンの周囲に隙間が出来ると密閉性低下=冷却性低下となりますので、このあたりの構造的な設計が大切です。よりシンプルな機構で実効性を高めるために革新的な設計アイデアを採用します。


ますます性能が上がりサービス向上のdBseries静音ラック。独自の専門技術を活かして幅広いジャンルのお客様にご利用いただいています。

dBseries静音ラック Si R&D